MEMBER ブレインズ博多店 倉田|新卒採用情報 はばたけ!三和エステート feat. ソラリーマン

夢はお笑い芸人。お客様をよろこばせるぞ!

ブレインズ天神店 倉田颯

学校大好き!仲間大好き!という感じで、大学4年間のうち1日だけ高熱で休んだ以外は毎日学校に行き、仲間と楽しく過ごしてきました。 もっとたくさんの人と仲良くなりたいなと、パーティを主催して他の大学の人たちも誘っては友達を増やしていた、いわゆるお祭り野郎です。 そんなボクの当時の夢は、お笑い芸人になること。高校卒業時に父から「せめて大学にいけ」と反対され、大学卒業時に「社会を知れ」と反対されて今に至ります。

三和エステートを選んだのは、目の前の人をよろこばせるという点で、お笑い芸人にも通じるものがあると思ったから。 どんどんお部屋を提案しちゃうぞ!と思って、1年目の早いうちからお客様の応対をしてみたところ、「キミ、物件の情報ちゃんと頭に入ってる?」とお叱りを受けてしまう始末。 そりゃそうだ。物件情報は先輩にサポートしてもらい、今は自慢の人当たりの良さで勝負だ!と思って気を改めて臨んだら、 接客業を何十年されているお客様の応対で四苦八苦してしまう結果に。お客様をよろこばせるのは、甘くない…。

そんな僕を変えたのは、入社1年目に社内で行われる「賃貸スクール」という研修。 物件情報を熟知することと、お客様の本当のニーズを引き出すヒアリングの大切さを学びました。 例えば、南向きの物件を希望されていたお客様に詳しくヒアリングをしてみると、午後から日が差し込む西向きでもよかったなんてことはよくあること。 ヒアリングをしっかりすることで、お客様を満足させる提案ができるという大きな気づきがありました。

以降、物件情報を少しずつ覚えていきながら、お客様の要望を深掘りして聞くように心がけたことで、徐々にご成約をいただけるようになりました。 不思議なもので、自信が付いてくると接客も褒めていただけるようになってくる。 お客様をよろこばせる男に近づいているぞ!なんてニヤけていたら「5年前に部屋を探してくれた森本さんいますか?」と来店されたお客様に遭遇。 今、店長をしている森本が5年前に応対したお客様だそうで、なんと5年の時を経てのご指名!自分、まだまだっす。